2種類の320iという車種

前モデルの3シリーズには、2種類の320iがあつた。4気筒エンジンを搭載したただの320と、320/6という6気筒エンジンを搭載したモデルだ。しかし、現行のモデルの320iはすべてに6気筒エンジンを搭載している。この6気筒エンジンは、一般にラィトシックスと呼ばれており、実にスムーズな回転をし、高回転時でもパワーの落ち込みがないことで有名だ。このラィトシックスを充分に味わうためには、本当はマニュアルトランスミッションがいい。ゆっくりと高回転まで引っ張ってシフトアップしていくという走りによって、エンジンから無理なくパワーを出し、しかも軽快なレスポンス(反応)を味わえるからだ。高回転になるとエンジンの音は大きくなるが、耳ざわりな音質ではない。もちろん、低速でもパワーは充分ではあるが、やはりこの320iは積極的に3000回転以上を使って走ってほしい。とはいうものの、ほとんどのユーザーはオートマチックの320iを選んでいるだろう。車情報ならこちら→中古車 高く売る 。でも、ガッカリすることはない。オートマチックだってこのような走りは可能なのだ。まず、Dレンジから2レンジにシフトダウンする。これで3000回転以上は簡単に維持できる。6000回転に近づいたら、マニュアルと同じようにシフトアップすることを忘れずに。もし、忘れたとしてもDMEが働いて燃料カットしてくれ、6500回転以上は回らないから心配はないが……。ここで注意したいのは、いくら高回転を楽しみたいからといって、1速までは落とさないということ。1速ではアッという間にレッドゾーンまで吹け上がってしまい、加速を味わうひまもない。通常、1速はトレーラーの牽引などに使うレンジだから、通常のスポーティドライビングには適していないのだ。それよりも、2速で息の長い加速を味わうのがいいだろう。オートマチックなのに、マニュアルシフトは面倒臭いという人も、街中では3速で走ってほしい。一般的に街中で60km/h以上出ることはほとんどないハズだ。このスピード域でDレンジを選ぶと、アクセルを緩めると4速に入ってしまい、加速しようとすると再び3速へシフトダウンするということになる。これでは、エンジンブレーキが効かないし、ショックも気になってしまう。

EZ068_L

Comments are closed.